« 秋メニュー始まりました! | メイン | 能登からこだわりの味わい深いお届けです »

2016年9月 7日 (水)

興味津々かぼちゃ訪問 第2弾!!

こんにちは。

野ふうどです。

昨年に引き続き、津幡町、興津峠(きょうづとうげ)にある興津営農組合さんの興味津々かぼちゃの歴史ついてお伺いしてきましたrun

Img_8190

Img_8068

こちらが栽培を担当して本多さんです。

「この興味津々かぼちゃはいつから栽培されているのですかsign02

「まず、5年前にいろんな品種のかぼちゃを試作して食べ比べて、

しつこい甘みではなく、シンプルに美味しいかぼちゃに決めました。本格的に栽培し始めたのは4年前からですね」

「もともと、興味津々かぼちゃという品種のかぼちゃがあったのですかsign02

「実はね、もともと栽培した頃には、品種名がなかったんですよ。字を見れば分かるように、この地名の【興津】という字をとってきてるんです。【興味】をそそるかぼちゃという意味合いから興味津々かぼちゃというネーミングが誕生したんですよ」

「うまいupuphappy02

ちなみに昨年のブログを見て気になっていたのですが、【ハニースポット】ってどの部分ですかsign02

Photo「ハニースポットはねぇ、これこれ。表面にオレンジ色のぶつぶつがあるでしょ。これのことだよ。収穫したかぼちゃの中で美味しかったかぼちゃに良く見られたから、私たちで、このぶつぶつは美味しさの印だ!!ということで、【ハニースポット】と名付けたんです」

「他にも【興味津々かぼちゃ】の特徴ってありますかsign02

「一般的なかぼちゃに比べて、皮がものすごく薄いんです」

ということで、半分に切ったかぼちゃ見せていただきましたeye

Img_7969

Img_8030

ご覧の通り、本当に薄いんです。

それだけ、美味しさと甘さが身に詰まっているのだと思います。

「これだけ皮が薄いと、管理するのが大変なんですよ」

という本多さんが話されました。

具体的に聞いてみると、

中には、皮が薄い分、日焼けするかぼちゃも出てきて、傷んでしまい見た目も悪くなるみたいです。

周りが草に覆われていれば、日焼けの防止になりますが、

直射日光が当たりやすい場所にはかぼちゃの上に白いテープを貼って、

日焼け止めをしているとのことです。

特に今年の夏は、天気が良く暑いが続いたため、管理が大変だったみたいです。

Img_8140

それでも、こんなにたくさんの興味津々かぼちゃが収穫されていました。

とここでflair皆様にお知らせですsign03

この興味津々かぼちゃは9/1(木)~スタートしました

野ふうど秋メニューで提供しております。

興味津々になられた皆様のご来店、心よりお待ちしておりますconfident

フォトアルバム