« 春メニュー変更のお知らせです | メイン | 営業時間変更のお知らせ »

2017年2月17日 (金)

宝達志水町 宮本さんのチンゲン菜

皆様こんにちはshine

野ふうどですrestaurant

今年は、全国各地で大荒れtyphoonthunderの天気が多いですねsnow

また、インフルエンザの流行が続いていますdash

手洗いやうがいも大切ですが、バランス良くたくさん食べて栄養もりもりで

インフルエンザや寒さに負けない体づくりをしましょうupupgood

さて、今回は野ふうどにチンゲン菜をお届けしてくださっている

宝達志水町、宮本さんのところへお邪魔してきましたcardash

到着するなり、早速ハウスに案内してもらいましたrun

Img_0970_2

Img_0544_2

この日は、気温が3℃ととても寒い日snowでしたが、

ハウスの中は暖かくspa驚きましたupupshine

こちらが宮本さんと

Img_0579

今回、チンゲン菜の栽培について

いろいろ教えてくださった岡山さんです

Img_0904

チンゲン菜は年間を通して栽培しているそうですが、

時期によって成長速度が異なるみたいです。

Img_0549夏場であれば、

この植え付け作業から

30日前後で

Img_0585収穫できるくらい育つのに対し、

冬の時期は気温が低いため90日前後かかるようです。

気候が変わるだけでこんなにも差が出るんですねsweat01

ハウス内の両脇にホースみたいなものを固定して水を撒くそうですが、

部分的に水の当たり具合にムラができてしまうそうですdown

均等に水を撒くために、機械だけでなく自分たちで

写真の足元にも映っている緑色のホースで水撒きしているそうですconfident

手間をかけてでも、自分たちで水撒きするところに愛情を感じますねheart04

また、梅雨rainの時期は湿気が多いため傷みやすく、

水分量の調整が難しいそうですcoldsweats02sweat01

と、ここでflair

宮本さんから一言「チンゲン菜食べてみるsign02

「生で良いんですかsign02happy02

それでは頂きますsmilesmile

Img_0619・・・・・・

シャキッッnote

生の野菜って結構苦かったり

独特のエグみがあったりしますけど、

思った以上に水分を含んでいて、生でもバンバン食べれますよbleahgood

Img_0741

「この冬の時期で大変なことってなんですかsign02

「収穫するときは、大体朝の8時頃に行いますが、

この時期は土が凍っているときがあるんですweep

凍っている間は収穫できないので、石油ストーブをハウス内で点けて

しばらく時間が経ってから収穫していますねclock

Img_0944_3

「少し気になっていたんですが、ハウスの周りは畑や山があるので、

タヌキとかって出ませんかsign02

「タヌキ出ますよ(笑)たぬきだけでなくネズミも出ますしbearing

「何か対策とか打ってるんですかsign02

「薬を撒くことくらいしかできないですねconfident

あとは、ハウスの扉に隙間を空けないことですね。

夏場なんかは虫もよく入ってきて、葉っぱをかじっていくんですcrying

虫や野生動物も人間と同じようにグルメですねnote

そんな宮本さんの育てたチンゲン菜を野ふうどでは、

「中華風炒め」にして提供しておりますshine

さらに、3/1より春メニューの切り替わりに伴い、

「チンゲン菜とヤゲンのコラーゲンレモン炒め」を提供予定ですnewupup

わたくし個人的には、ご飯のおかずにもってこいの料理ですhappy01

是非、お召し上がりくださいませrestaurant

皆様のご来店をお待ちしておりますconfident

フォトアルバム